なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「3倍¥600+ニンニク¥100」@辛麺屋 司の写真2/19 22:05入店。店内半数以上。

その他詳細写真は↓↓↓
http://s.ameblo.jp/ug3da4/entry-11998428520.html

この日はQ州→仙台で再び9州へ。
若造営業マンと福岡の麺友としこたま飲んでやってきたのがコチラ。
シラフなら絶対来ませんがフラフラ... 続きを見る

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「0倍(辛くない・縮れ麺)+ニンニク」@辛麺屋 司の写真飲酒後以外の訪問は考え難い一軒には、この日ももちろん飲酒後に訪問。15倍でも食べようかと思ったが、翻意し辛味ゼロを頼んでみる。そう、かねてより気になっていた、プレーンの魅力を堪能するためだ。当然、ニンニク追加での旨味補完も怠らない。
その実態は、澱みのない鶏清湯に、ニンニクの風味融合を遂げたおいしいスープ。鼻先を颯爽と駆け抜ける胡麻油の香りは、上モノの韮玉子から輩出されたものだろうか。鶏... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 6件

「特辛(20倍・縮れ麺)+にんにく」@辛麺屋 司の写真いつの間にかメニュー構成が少し変わっていて、値段も上がっていたようだ。以前は20倍が「特辛」で、25倍が「激辛」だったのだが、25倍が「特辛」に設定し直されている。激辛をオーダーしたら、一体何倍が出てくるのだろう。
見た目の通り、このラーメンは相当辛い。汗が噴き出せば、しばらく止まる気配が見られない程だ。赤を越え黒に近付いたスープ。唐辛子由来の辛味が遠慮なく猛威を奮い、縮れ中麺を思い切り... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 6件

「特辛(20倍・韓国麺)」@辛麺屋 司の写真結論から先に言うと、コレ辛い。
既に赤ではなく黒に近くなった湯面を拝めば、興奮よりも畏怖の念が支配的となる。下地の鶏がらスープがしっかりしているからこそ、この辛さでも美味しく食べられるのだろうが、個人的嗜好を鑑みると、さすがに15倍が限度のようだ。
滴る汗。ニンニクの量が15倍以下の時より多いような気がするが、このホクホクした食感の奥にはっきりとした甘みを感じるほど、スープが辛... 続きを見る

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 6件

「大辛(15倍・縮れ麺)」@辛麺屋 司の写真辛さの階段を、徐々に昇って行く楽しさ。
自分に合った辛さは、もしかすると大辛15倍かも知れない。この辛さを超えると、美味しいと感じる前に、辛さの刺激に反応してしまうのではないだろうか。
まずは、スープをひと口。おお、まだ大丈夫だ。鶏がらの優しい風味と、ニンニク独特のタフな香味が交錯し、慈愛に満ち溢れたニラ玉子の淡白さが全体を纏め上げる。何と、滋養強壮力が高そうなラーメ... 続きを見る

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 6件

「中辛(10倍・縮れ麺)」@辛麺屋 司の写真小辛(5倍)に後ろ髪を引かれ、中辛(10倍)との格闘を決断。
さて、見た目からしてちょっとヤバい感じの唐辛子が浮いているスープ。写真ではイマイチ伝わらないが、5倍の時よりも明らかに赤い。スープが旨い事を知っているからこそ躊躇はないが、初訪でコレ出て来たら結構焦ったと思うよ。
まずは、スープをひと口。確かに辛いが、スープの下地はまだ判別可能だ。鶏がらに出会う機会には余り恵まれない... 続きを見る

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 6件

「小辛(5倍・縮れ麺)」@辛麺屋 司の写真ずっと敬遠していた店だが、突然思い立って訪問してみた。辛さは3倍が初心者向けのようだ。辛いラーメンを求めて訪問したため、お試しは少々強気の5倍設定とした。
小気味良い調理音と、途絶えなく扉を開く来客。配膳までの時間は左程掛からない。唐辛子の赤が存在感を示す湯面。いきなり縮れ中麺を啜り上げると、思い切り咽(む)せてしまうかも知れない。まずは、スープからだ。
スープは鶏がらの効いた... 続きを見る

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 6件